暮らし通 >おいしいお米購入記 >002 お米到着!101 「東京コシヒカリ」201 コシヒカリ> 「東京コシヒカリ」からお米をお取り寄せ

メイン | 最高級松坂牛の堆肥で育てられたお米 »

2006/10/06

「東京コシヒカリ」からお米をお取り寄せ

060920kome02_1 今回はちょっと気になっていた米専門店東京コシカリから新米を取り寄せました。

●信頼のお米マイスターがいる店「東京コシヒカリ」
テレビ「笑っていいとも!」でお米マイスターの存在を知って以来、お米をお取り寄せするときに、銘柄や産地以上に、お米屋さんを意識するようになりました。

いくら名産地の極上銘柄でもいい加減な育て方をされたお米ではおいしくありません。「東京コシヒカリ」のお米は産地直送品ですが、「東京コシヒカリ」の店主が自分の目と舌で確認し、納得したお米だけを、生産者一軒一軒にお願いして分けてもらっています。
つまりお米の目利きが実際のお米と育てられ方を見て選んだお米です。

●産地直送、昔で言うところの「ヤミ米」…だからおいしいかも!
060920kome01_1 「東京コシヒカリ」で扱っているお米は農協などの検査機関を通していないお米です。「検査機関を通しているお米のほうが安心」ではありますが、「おいしい」とは限りません。

先日読んだ「米屋さんが書いた米の本」には、お米の水分量は15~16%が一番おいしい状態なのに、検査基準で16%以上の場合は保存性が落ちることから等級から外されてしまうため、検査を通すために大半の農家が水分少なめに乾燥させていることが記されていました。少し古い本なので、いまの規則は当時(1994年)とは異なっているかもしれませんが、少なくとも過去には、検査が米をまずくしてたことがあります。

「東京コシヒカリ」から届く米の袋には「複数原料米」と表示されています。これは検査を通してないためで、実は中身はコシヒカリ100%です。
昔で言えばヤミ米みたいなお米ですが、信頼できる店から買えば、むしろおいしくて、価格もお得な気がします。

お取り寄せした店は=>「東京コシカリ
お取り寄せしたお米は==>
「堆肥を使ったコシヒカリ」

10 月 6, 2006 カテゴリー: 002 お米到着!, 101 「東京コシヒカリ」, 201 コシヒカリ |

コメント

コメントを投稿






メルマガ登録・解除 ID: 0000052497
季節の味
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ