暮らし通 >おいしいお米購入記 >201 コシヒカリ253 新米307 高知県> 「おいしいごはん本舗」の2009年高知の新米を食べました

« 「米屋こうたろう」のコシイブキはふんわり柔らかめ | メイン | 米米プラザの滋賀県産キヌヒカリはおかずの引立て役 »

2009/09/17

「おいしいごはん本舗」の2009年高知の新米を食べました

20090904_2今年最初の新米は、高知県からお取り寄せしたコシヒカリです。

粒もしっかり、艶やかに炊き上がりました。香りも味も癖がなく、薄味の日本料理に合うお米です。価格が比較的安く、価格と比べると、かなりおいしいお米と言えます。

「おかずなしで御飯だけでおいしい!」を求める方には向かないかもしれませんが、でしゃばらない味で、秋の豊饒を味わうときには最適のお米のように思えます。

大阪の泉州の水なすの浅漬けや、明石のたこの煮物など、繊細な味のおかずで食べたので、特にそう感じられました。

粘りはそこそこあり、おにぎりも軽く握っただけで、しっかりと形になります。ただ、新米でもあり、水分はやや控えめにしました。さもないと、おにぎりにするには柔らかすぎるでしょう。

20090904kome01 20090904kome02

9 月 17, 2009 カテゴリー: 201 コシヒカリ, 253 新米, 307 高知県 |

コメント

コメントを投稿






メルマガ登録・解除 ID: 0000052497
季節の味
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ